できてしまったシミをとにかく消したい!家で簡単に消す方法はあるの?

30代、40代と年齢が上がるに従い気になってくるのが顔にできるシミですよね・・・。

 

できてしまったシミをとにかく消したい!家で簡単に消す方法があるのか調査しました。

 

結論から言うとできてしまったシミは薄くはなりますが完全に消すことは出来ません。

 

でも家にいて簡単に消す方法はありますが、シミが消えるまでにはシミの種類やシミがいつくらいから出来てしまっていたのかなどが重要なキーポイントになります。

 

つまり、シミの種類や出来始めてからどのくらい経っているかなどでシミが薄くなる期間が変わってきます。

 

 

 

シミの種類を知ろう!

女性のシミの種類は約5種類、男性のシミについては約2種類が大まかにあります。

 

 

肝斑(かんぱん)

肝斑は、30代〜40代の女性の顔にできる褐色の色素斑(しきそはん)のこと。

 

色素班(しきそはん)は皮膚疾患などでみられる発疹のひとつで皮膚の表面は盛り上がっておらず平坦で特定の部位や範囲に出来るものです。

 

割と境目がはっきりとしている薄い褐色の肝斑が、額、ほほ、頬骨部、口の周りなどにに左右対称性(両側性)にできます。

 

肝斑は目の周りを避けて目の下を縁取るようにしてでき大きさの大小や濃さには個人差があります。

 

中には地図のように広くできる方もいます。

 

肝斑が出来る原因としては、女性ホルモンのバランス、紫外線、ストレス、不規則な生活で濃くなります。

 

閉経後には薄くなり見えなくなります。

 

 

 

日光性黒子

日光性黒子は左右非対称に生じる境界の比較的はっきりした色素斑で、30歳過ぎから出てきて濃さは様々です。

 

雀卵斑(じゃくらんはん)

雀卵斑(じゃくらんはん)はいわゆるそばかすで、遺伝性の色素斑です。そばかすは10代の思春期に多く見られるという傾向があります。茶褐色の小さな斑点がたくさん顔にできます。腕などに出来ることもあります。

 

肝斑とよく似ているので分かりにくいのですが鼻の上にもしみがあること夏場は色が濃くなり、冬場は色が薄くなるといった変化が見られること、思春期を過ぎると徐々に色が薄くなってくることなどが判断基準の目安になります。

 

 

対称性真皮メラノサイトーシス

 

 

炎症後色素沈着

炎症後色素沈着はニキビ後や化粧品でかぶれて生じる色素沈着です。

 

 

 

 

 

 

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)
老人性色素班はろうはんとも呼ばれるシミの一種です。
普段シミと呼ばれているものは、紫外線の影響でできる老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)です。シミと言った場合、約6割がこの老人性色素斑です。紫外線を浴びた箇所が時間の経過とともに茶色くなるため、老人性という名前が付けられています。境界線がはっきりとした、薄茶色の円形または楕円形の色素沈着で、40歳ごろから頻繁に見られるようになります。

 

 

炎症後色素沈着